ITインフラエンジニア研修
応用プログラム
ネットワーク環境構築

研修プログラム内容

概要

本研修では、L2 ・L3 スイッチの概要に始まり、電源のつけ方から各種設定、管理までを実機操作しながら実践的に習得します。

学習内容

  • L2スイッチ、L3スイッチの概要
  • Catalystスイッチの初期設定
  • VLANの設定
  • リンクアグリゲーションの設定
  • 外部連携
  • スイッチ構築のドキュメント作成

スキル習得目標

  • L2スイッチ、L3スイッチの用途を説明することができる。
  • Catalystスイッチの電源オン/オフができる。
  • Catalystスイッチの基本的な設定をすることができる。
  • CatalystスイッチでポートVLANの設定をすることができる。
  • CatalystスイッチのタグVLANの設定をすることができる。
  • L3スイッチを使用して、VLAN間ルーティングを設定することができる。
  • リンクアグリゲーションを設定することができる。
受講対象者
ITインフラエンジニア研修 基本プログラム Windows / Linuxコースを修了した方、
またはそれと同等の技能を有する方。
受講形式
当社施設内で実習中心の実践的な研修を行います。
専任の講師が在席し、受講者一人ひとりに対して適宜サポートを行います。
受講時間
計40時間
受講開始から修了までの日程を、受講者様のスケジュールに合わせてカスタマイズできます。(詳しくはこちら
料金
50,000円 ( 税別 )
定員
約5名